The ADAC Zurich 24h-Race 2017ニュルブルクリンク 24時間レース

自動車メーカー、タイヤメーカーが開発テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクでの24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170ヶ所のコーナーを持つ北コース(オールドコース)と、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約25kmのフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。
1999年の初参戦以来18回目の挑戦となる本年は、「FALKEN Motorsports」として従来から参戦している「Porsche 911 GT3R」に、新たに「BMW M6 GT3」を加えた2台体制に強化し、総合優勝を目指します。
また、2016年にFALKENタイヤを装着してクラス2連覇を達成した「スバルテクニカインターナショナル」へのタイヤ供給も行い、欧米を中心に高い評価を得ているFALKENブランドのさらなる価値向上を目指すとともに、モータースポーツの発展に貢献します。
昨年に続きFALKENは公式パートナーとして同レースに協賛し、ブースの出展やイベントを行います。

FALKEN×ニュルブルクリンク 2017 プロモーションムービー

レース概要

  • 日程
    5月25日(木)~28日(日)
  • 開催サーキット
    ニュルブルクリンク(1周25,359km)
  • 開催地
    ニュルブルク(ドイツ)

レース結果

本年のレースは、快晴の空の下スタートしました。 日中と夜間の路面温度の急激な変化やレース終盤の突然の降雨など、激しいコンディション変化の中でもFALKENタイヤは、ドライ・ウエットグリップ性能や耐久性能など、総合性能の高さを発揮しました。
その結果、完走することさえ難しいと言われる本レースでFALKEN Motorsportsチームの「BMW M6 GT3」は総合8位で完走を果たしました。
なお、同チームの「Porsche 911 GT3R」は接触によるアクシデントによりリタイアとなりました。

  • BMW M6 GT3
    8位
  • Porsche 911 GT3 R
    リタイア

チーム&車両情報

FALKEN Motorsports Porsche 911 GT3R
  • チーム名
    FALKEN Motorsports
  • チーム監督
    Sven Schnabl
  • ドライバー
    Martin Ragginger / Jorg Bergmeister / Dirk Werner / Laurens Vanthoor
  • メンテナンス
    Schnabl Engineering
  • 参戦車両
    Porsche 911 GT3R
  • 参戦クラス
    SP9 (FIA-GT3)
  • タイヤサイズ
    Front:300/660R18、Rear:310/710R18
FALKEN Motorsports BMW M6 GT3
  • チーム名
    FALKEN Motorsports
  • チーム監督
    Sven Schnabl
  • ドライバー
    Peter Dumbreck / Alexandre Imperatori / Marco Seefried / Stef Dusseldorp
  • メンテナンス
    Schnabl Engineering
  • 参戦車両
    BMW M6 GT3
  • 参戦クラス
    SP9 (FIA-GT3)
  • タイヤサイズ
    Front:310/710R18、Rear:310/710R18
SUBARU TECNICA INTERNATIONAL
  • チーム名
    SUBARU TECNICA INTERNATIONAL
  • チーム監督
    SHIGEO SUGAYA
  • ドライバー
    CARLO VAN DAM / MARCEL LASÉE / TIM SCHRICK / HIDEKI YAMAUCHI
  • メンテナンス
    SUBARU TECNICA INTERNATIONAL
  • 参戦車両
    SUBARU WRX ST
  • 参戦クラス
    SP3T(排気量2.0ℓ未満の過給機付き車)
  • タイヤサイズ
    Front:260/660R18、Rear:260/660R18