ドイツスタッフインタビューGerman staff interview

世界で最も車に対して厳しい目を持っている国といわれるドイツのFALKEN販売店のスタッフインタビュー。

vol.01

支店長

マリオ・ユング氏Mario Jung

FALKENは知っている人、一度使った人からは、コストパフォーマンスが高く、機能性も高いというイメージをもたれています。

Q. 普段、どんなお仕事をされていますか?

名前は、マリオ・ユングです。この店舗の支店長として働いています。

Q. FALKENのタイヤを使っているユーザーは、どんな方が多いですか?

さまざまな配送業者もFALKENのタイヤを使うようになりましたが、やはり個人の方が多いですね。

ユーザーの皆さんは、若くてスポーティな方が多いです。車種としては、フォルクスワーゲン、BMW、メルセデス・ベンツなどさまざまですが、その中でもPoloなどの小さな車をスポーティーに走る若い人が印象的です。

そのような方たちは16-17インチの高インチタイヤを選んで乗る人が多いですね。

タクシーなども含めた配送関係の車に乗る人もいますが、それはあまりスポーティな人たちではないですね。別の市場です。
マリオ・ユング

Q. お客様はFALKENのどのような点を評価していますか?

一番、評価されているのは、高速走行しても、安定して走行できること。
二番目は、燃費の良さです。

お客様は、若い方で、スポーティーなクルマに乗られている方が多い印象です。
マリオ・ユング

Q. FALKENのタイヤのどのようなポイントがセールスポイントになりますか?

プロモーション動画の中で、例えばBMWがFALKENのタイヤで走行している動画などを見ると、若い顧客はFALKENに対しとてもスポーティーな印象を受けると思います。

車の専門誌の高い評価や、EUラベルの数値などに興味をいだいてくれる顧客も多くいます。
FALKEN

Q. 車に関するプロフェッショナルとして、FALKENのタイヤの長所はどんなポイントですか?

ドイツでは雨や雪が突然降って、路面が突如ウエットに変わることも多いです。だから、ウエット性能は非常に大切です。高速性能も非常に大事ですが、もっと大事なのは、天候の変化に対応できるウエット性能と安全性です。新しいFALKENのタイヤのウエット性能は最高レベルのものになっているとおもいますよ。

転がり抵抗やエコ性能、静粛性以上に、FALKENのタイヤは、とにかく高速での安定性とウエット性能に関しての優れているとの評価の声をよく聞きますね。

Q. 今後FALKENはどのようなブランドになってほしいですか?

将来的にタイヤと言えばFALKENと一般的に言われるくらい有名になってほしいですね。
例えば、昔ハンコックという名前を知っている人はほとんどいませんでした。それがここ数年の間に、タイヤを購入しにくるお客様がほとんど知っているほど有名になりました。 FALKENも将来的にそのように成長して欲しいです。
遅いスピードでも、もっと静かに走ることのできるタイヤが欲しいです。低速だとタイヤが温まらないので、うるさくなりがちですが、ここがもっと良くなるといい。でも、これはあくまでも希望です。

ただし、最新のFALKENの商品に関してはまだわかりませんが、現行の商品はとても良いですよ。
なにかと性能にうるさいドイツのユーザーからも、静粛性に対してクレームは一度も顧客から受けていません。
ということは、非常にポジティブに評価しているということだと思います。

インタビュー実施日:2016年6月2日
店舗名:Premio Reifen Autoservice giessen

FALKEN
d